見積もりの交渉

小規模経営会社での値引き交渉

工務店など小規模で経営しているところではもともと利益率を少なく原価ぎりぎりの価格を提示している会社も多いのです。ですから工務店での値引き交渉は非常に厳しいものといえます。価格を抑えるためには施工面積を小さくしたり設備のグレードを落とすなどの必要があります。数万円、十数万円程度の値引きであれば交渉次第で可能かもしれませんが百万円単位の値引き交渉を行った場合その値引きが住宅の質に反映されかねないのです。特に木造住宅は注意が必要です。鉄骨やプレハブなどの材料は材料の質を落としたとしても原価としての費用はそこまで差が出ることはありません。ところが木造の場合高い木材と安い木材では同じ住宅を建築する際に倍程度の価格の差が出るのです。ですから安かろう悪かろうにならないために値引きもなぜその値引きが可能なのかを明確にさせたうえで、仕様をしっかり確認することも大切です。

工務店で住宅を建築する際にかかる費用

工務店で住宅を建築しようとした場合に一番に不安に感じるのが価格という人も多いのではないでしょうか。ハウスメーカーなどでは事前に広告などで坪単価いくらといった表示や情報を収集することが可能です。過去に建築した人の人数も多いのでインターネットでも情報を簡単に得ることができます。しかしハウスメーカーと比較すると工務店は過去の建築棟数も少ないという工務店がほとんどです。建築数が異なれば情報の量にも大きく差が出ます。ですから価格も工務店を訪れて打ち合わせをしてみて価格が提示され始めてどのくらいかを知るという場合が多いのです。とはいえ広く言われている注文住宅の価格の相場や平均というのはあくまでも参考に過ぎず平均費用を準備すれば平均的な住宅が手に入るというわけではないのです。大切なのは自分たちの予算を明確にしたうえでその予算を守って計画を立てることです。