気軽な転換

服を着替えるようにソファーもイメージチェンジ

家屋の西洋化と共に、ソファーは身近なものとなりました。家族と過ごした年月、二人でそろえた思いの込められたソファーも、年を重ねることで、傷んだり汚れが目立つようになります。 愛用してきたソファーには、忘れがたい思い出や、愛着があるものです。失いたくない時の流れを、ソファーを張り替えることで、蘇らせることができます。布地や、カラーを変えることで空間を、一新することも可能です。 近年は、布地やレザーの張り替えのみならず、ベース部分のウレタンを、長時間座っていても楽な、優れた最新のウレタンを使用することで、体を支える安定感が保てるようになりました。 古くなった馴染み深いソファーが、新品のように様変わりしてしまうのは、ちょっと淋しい気もしますが、今まで以上に思い出を作り出す、家族のように大切な家具となるでしょう。

カラーを変えれば気分も一新

古くなった家具を大切に扱う人が増えています。欲しくてたまらなかった、憧れの革ソファー、捨ててしまうのは、心がいたみます。ソファーは座り心地が命、ソファーの張り替えと一緒に、バネの具合やウレタンの交換をすることで、フィット感に違いが出ます。 なんとなく暗いイメージだった空間が、ソファーのカラーを変えることで、様変わりします。サンプルの中から好きな布地や、レザーのカラーを選ぶ楽しさも喜びのひとつです。 店舗によっては、張り替え中に代替え品の貸し出しや、修繕後のアフターケアも万全に、良心的なサービスが期待できます。ゆったりとしたくつろぎの時間を、提供してくれるソファーを復活させることで、耐久年数もぐっとアップしました。 現在は、メーカー側でも家具を大切にする、エコな再生に注目しています。